ウォーレン・バフェットは、主に以下のような方法で収益をあげています。
  1. 長期投資:バフェットは、長期的な視点で企業の業績や財務状況を分析し、優れた企業に投資することで成功を収めています。また、長期にわたって保有することで、企業の成長に伴って株価が上昇することを狙っています。
  2. 価値投資:バフェットは、企業の実態に基づいた価値を見極め、それに基づいて株式を購入する「価値投資」を行っています。バフェットは、企業の株価が現在の株式の価値よりも低い場合に投資することで、将来的に価値が上がると予想しています。
  3. 分散投資:バフェットは、様々な業種・企業に投資することで、リスクを分散しています。バフェットは、単一の企業や業種に投資することは避け、ポートフォリオを多様化することでリスクを管理しています。
  4. 計画的なキャッシュポジション:バフェットは、適切なタイミングでキャッシュを保有することで、市場の下落や機会が生じた際に迅速に対応することができます。このため、バフェットは常にキャッシュポジションを保有しています。

以上のように、バフェットは長期的な視点で価値投資を行い、ポートフォリオを分散させ、計画的にキャッシュを保有することで、安定的な収益をあげています。